スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経225先物のメリット・デメリット 

日経225先物のメリット
日経225先物のメリットは、いくつかあります。
まず、株式の銘柄を選ぶ必要がないということです。
日経225先物は、日本経済を動かしている225銘柄の平均株価をひとくくりとして売買します。
そのため、インサイダー取引や経営指針の大幅な修正に伴う株価の不安定さがありません。
日経225という大きな銘柄を売買するわけですから、どこか一社に大幅な値下がりがあっても、平均すればそれほどの金額にはならないわけです。
また、企業の業績や株価の安定を調べる必要もありません。
日経225のチャートだけに注目し、取引を行えばいいわけです。
第二に、日経225先物には倒産や上場廃止などのリスクがありません。
日経225は、平均株価指数です。
どこかに倒産や上場廃止があっても、225銘柄の平均となればほんの少しの値下がりですむわけです。
それ以前に、日経225は日本経済を動かしている企業ばかりです。
どの企業をみても、よほどのことがないかぎり倒産や上場廃止などにはならないと思われます。
第三は、少ない資金で大きな投資ができる点です。
日経225先物では、証拠金の1000倍の取引が可能です。
うまく運用すれば、少ない資金で大きな利益を上げることができます。


日経225先物のデメリット

日経225先物にはメリットも多いのですが、デメリットもあります。
少ない資金で大きな取引ができるという点は、メリットでもありデメリットでもあるのです。
日経225先物は、預けた証拠金以上の取引をします。
株式市場は生き物と同じで毎日、株価の変動があります。
とくに社会情勢の影響を受けやすく、それに伴って株価が下がるのが一般的です。
日経225先物は、期限がくれば自動的に売買が行われます。
通常の株取引のように、株価が上がるまで持っておくということができないのです。
これが日経225先物のデメリットで、期限がくれば決済を行わなければなりません。
この決済時に、日経225先物での利益がでていればいいのですが、損失がでた場合は決済時にそれだけの金額を用意しなければならないのです。
日経225先物は、上手に運用すれば少ない金額で大きな利益をあげることができます。
しかし逆をいえば、手持ちの金額以上の取引をするため、株価が下がったときには、損失も大きいのです。
メリットの多さに目がいきがちになりますが、デメリットがまったくないわけではないのです。
将来のことは、だれも確定がもてません。
日経225先物で、確実に利益がでる保証はないのです。

スポンサーサイト

FXと株との違いについて 

FXと株の取引とでは、同じ投資と言っても、違いがたくさんあります。
まず、FXの特徴は株よりも断然、小資金で始められるということが
上げられます。
10万円があれば、FXでは主要通貨のほとんどの取引が出来ますが、
株では買える銘柄が極端に少なくなります。

また株の場合は、会社が倒産したりすると、価値がゼロになってしまい
ますが、FXは外貨の価値がゼロになるということはありません。

また株の取引の時間は限られてしますが、FXの場合は24時間、
通過の値段は動いていますので、24時間取引が可能です。
ですので、時間的に株の取引が出来ない人でも、FXの取引は
できるということになります。

また株の場合は、膨大な銘柄の中から、投資対象を選ぶのも
大変ですが、FXの場合は20数種類の通貨から、自分の投資
対象にしたい通貨を絞って、動きを見ていけばいいので、株よりも
ラクとも言えます。

またFXの一番の特徴として、スワップ金利というものがあります。
これは高金利の通貨を買い、低金利の通貨を売った時に、金利
差調整分をスワップ金利という形で受け取ることが出来ます。

スワップはポジションを保有している限り、受け取ることが出来る
ので、長くポジションを持ち続けていると、それだけ多く受け取る
ことができます。

市場が回復して株の取引がブームに 

 
アベノミクスのお陰で市場が回復し、最近はまたもや株の取引が
ブームになっています。昔はラジオと新聞に一日中かじりついて
いるというイメージでしたが、最近は少しスマートな印象になって
きたように思います。


オンライントレードなどで、気軽に始められることもあって、老若男女、
最近では株の口座を持っている子どももいるという時代になりました。

資産運用方法の一つとして、株の取引が注目されているのですが、
取引をする前に注意しなくてはいけないことは、資金は余裕を持って
用意することです。

使途がはっきりしているお金などを株の取引に当ててしまっては、
株の値下がりがあった時に、「お金がない」ということになってしま
うので、あくまでも余裕資金で始めましょう。

また、自分が買った株が目標としたところまで値上がりするために、
根気強く見守るための心と時間の余裕も必要です。

世の中の動向、経済状況などを日々、勉強しながら、自分で判断して
いく冷静な目も必要です。


これらのことを踏まえて、大きく値下がりする危険もあるということを
覚悟して取引をしていくと、銘柄によって、いろいろと楽しい配当を
手に入れることが出来て、株の取引というものも、世の中や世界の
動きを見ることが出来て、社会の動きに参加しているという感じがし
て、面白い物だと思います。




デビットマスターカードの申込方法 

YouTradeFX

YouTradeFXでトレドを行うなら出金に便利な
ビットマスターカードを申込むことができます。

パイオニアデビットマスターカードの申込方法


① 準備する

入力を間違えないように、入力情報を予め英語表記にして準備しておくといいですね。

・氏名:TARO NIPPN
・住所:1-2-3, Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo 123-4567 JAPAN
・電話番号:+81-9012345678
(日本にお住まいの場合は頭の0を取って+81)
・Eメール:support@kaigaifx.com
・身分証番号:(ナショナルID/パスポート/運転免許証の番号)


まずは、YouTradeのマイページにログインして、
ウェブページのトップを開きます。

http://www.youtradefx.com/

画面の下の「Payoneerマスターカード」の「詳細はこちら」をクリックします。
(注)口座残高が500$以上でないとカード申請ができません。

Payoneerマスターカード


他にも色々ありますが、有名どころで海外のマスターカードと言えば
NETELLERがあります。
オンラインカジノユーザーやFXトレーダーがよく利用されています。
また、世界180か国以上の各種業界で広く利用されています。


NETELLERについての詳しい内容は次回ご説明致します。

経済指標カレンダー11月22日 

本日の経済指標

10時45分 → 中)HSBC製造業PMI
17時30分 → 独)製造業PMI
17時30分 → 独)サービス業PMI
18時00分 → 欧)製造業PMI
18時00分 → 欧)サービス業PMI
18時30分 → 英)キングBOE総裁の発言
時間未定 → 南ア)SARB政策金利&声明発表
22時30分 → 加)小売売上高&除自動車

※本日は、『注目度の高い米国の経済指標』の発表はない

経済指標カレンダー 11月21日 

本日の経済指標

18時30分 → 英)BOE議事録公表(11月7日・8日開催分)
18時30分 → 英)公共部門ネット負債
22時30分 → 米)新規失業保険申請件数
23時55分 → 米)ミシガン大消費者信頼感指数
24時00分 → 米)景気先行指数

経済指標カレンダー11月20日  

おはようございます。


ユーロ円は104円台を突破しました。豪ドル円も高値更新。

強い円安トレンドですが、上値も重いですね。
(今朝発表された仏格下げが影響しているようですが)

また、今日は日銀金融政策決定会合の結果発表がありますが、
特に目立った内容ではないという観測なので、
調整売り(円高)のきっかけになるかもしれません。


本日の経済指標

08時00分 → 豪)景気先行指数
09時30分 → 豪)RBA議事録公表(11月6日開催分)
正午過ぎ → 日)BOJ政策金利&声明発表
15時30分 → 日)白川日銀総裁の記者会見
16時00分 → 豪)スティーブンスRBA総裁の発言
22時30分 → 米)住宅着工件数/建設許可件数
26時15分 → 米)バーナンキFRB議長の発言

【FX】朝のコラム 

おはようございます。

米国株、大幅続伸 「財政の崖」懸念後退や堅調な
住宅指標が追い風に 日本株も続伸か

週明けの米国株式市場はダウ平均が207ドル高の
12,795ドルと大幅続伸となりました。

金曜に引き続き「財政の崖」への懸念が後退、
ダウ平均は取引開始から30分ほどで150ドル程度
上昇したあとも予想を上回る住宅指標を追い風に
終日堅調な推移となりほぼこの日の高値で引けました。

ダウ平均は大統領選後初めての続伸で一日の
上げ幅は9月初旬以来の大きさでした。

オバマ大統領が日曜日、訪問先のタイで財政の
崖について、「ホワイトハウスと議会はうまく
対処できると確信している」と述べたことで、
金曜に続き同問題への懸念後退が相場の支えと
なりました。


また、10月の中古住宅販売件数が前月比+2.1%と、
ほぼ変わらずを見込んでいた市場予想を上回ったこと、
11月NAHB(全米住宅建設業協会)住宅市場指数が46と
市場予想を大きく上回り6年半ぶりの高水準と
なったことも追い風になりました。


本日の注意点など 

本日の注意点など

・週末要因
・中国共産党第18期中央委・第1回総会
・ギリシャ国債償還日(50億ユーロ)
・米国の主要企業の決算発表→シアーズ、他
・衆議院解散決定での日本の今後の政局や金融政策への思惑
・米国の今後の政局や経済・財政に対する思惑
・欧州債務問題への思惑(スペインやギリシャ絡みの話題に敏感)
・金融市場のリスク許容度(欧米の株式市場が主導)
・他の金融市場の動向(米株式や国債・長期金利、金、原油、米国以外の株式など)
・世界経済の先行き懸念(欧米が主体、中国の動向も重要)
・欧州各国の国債の動向(入札状況や利回りが焦点)
・金融当局者や要人による発言

経済指標カレンダー11月15日  

おはようございます。

16時00分 → 独)第3四半期GDP
18時30分 → 英)小売売上高&【除自動車】
19時00分 → 欧)第3四半期GDP
19時00分 → 欧)消費者物価指数
20時00分 → 欧)ドラギECB総裁の発言
22時30分 → 米)新規失業保険申請件数
22時30分 → 米)消費者物価指数&【コア】
22時30分 → 米)NY連銀製造業景気指数
24時00分 → 米)フィラデルフィア連銀景況指数
27時20分 → 米)バーナンキFRB議長の発言

Ferretアクセス解析
fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。