スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アービトラージ取引[アービトラージとりひき]  

アービトラージ Arbitrage

アービトラージとは、証券用語的に日本ではさや取り、裁定取引と言う言葉の方がなじみがあると思いますが同じ意味です。 アービトラージ取引は価格変動において、同一の性格を持つ2つの商品の間で、割安な方を買い、割高な方を売ることにより、理論上リスクなしに収益を確定させる取引のことを言います。

マーケットの価格が理論価格に近づき、乖離(かいり)がなくなることで、割高・割安な状態が解消された場合に、反対売買を行なうことによって収益化を確定させます。

例えば日経225先物と日経ETFとアービトラージする事が出来ます。
日経ETFとは日経平均株価指数に連動したETF(株価指数連動型上場投資信託)のことで、その日経平均株価(日経ETF)に投資することによって自動的に225銘柄への分散投資になります。


スポンサーサイト
Ferretアクセス解析
fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。