スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXと株との違いについて 

FXと株の取引とでは、同じ投資と言っても、違いがたくさんあります。
まず、FXの特徴は株よりも断然、小資金で始められるということが
上げられます。
10万円があれば、FXでは主要通貨のほとんどの取引が出来ますが、
株では買える銘柄が極端に少なくなります。

また株の場合は、会社が倒産したりすると、価値がゼロになってしまい
ますが、FXは外貨の価値がゼロになるということはありません。

また株の取引の時間は限られてしますが、FXの場合は24時間、
通過の値段は動いていますので、24時間取引が可能です。
ですので、時間的に株の取引が出来ない人でも、FXの取引は
できるということになります。

また株の場合は、膨大な銘柄の中から、投資対象を選ぶのも
大変ですが、FXの場合は20数種類の通貨から、自分の投資
対象にしたい通貨を絞って、動きを見ていけばいいので、株よりも
ラクとも言えます。

またFXの一番の特徴として、スワップ金利というものがあります。
これは高金利の通貨を買い、低金利の通貨を売った時に、金利
差調整分をスワップ金利という形で受け取ることが出来ます。

スワップはポジションを保有している限り、受け取ることが出来る
ので、長くポジションを持ち続けていると、それだけ多く受け取る
ことができます。

スポンサーサイト

なぜ、投資で負ける人が多いのか? 

最近、一般投資家の参加者が激減しているようですが
いったい何が原因か?

証券会社の入れ替わりも激しいと聞きます。
やはり一般投資家がこの世界で勝っている率は
5%程度なのでしょうか?

だとするとなぜ95%の人が負けるのか?

負ける確率、勝つ確率は半々!50%です。
負ける原因は意外と簡単なところに原因があると思います。

例えば単純な寄り引けシステムですが
ダウ逆張り法があります。

ダウが上げれば次の日の日経225は売り
逆にダウが下げれば買い。

この手法は今も良く使われているもので
統計上、トータル的には勝てる手法です。



負ける確率、勝つ確率が2分の1で
しかも長期的に勝てる手法が在るにもかかわらず
95%の人が負けて退場しているのは不思議です。


これは心理的な要素が大きく関係していると思います。
特に日本人はゲームや博打好きな人が多いと聞きます。



この世界で勝つ方法として

資金管理能力がこの世界で一番重要と考えます。



例えば勝率50%のダウ逆張り寄り引けシステムに
Aさん、Bさん、Cさん、それぞれ100万の資金で
1回毎に売りか買いかどちらかに1万以上賭けたとします。
当たれば賭けた金額に対して10倍に増えるとします。



1回目 売り × (Aさんは1万)(Bさんは30万)(Cさんは80万)
     買い ○

2回目 売り × (Aさんは1万)(Bさんは30万)(Cさんは20万)
     買い ○
早くもCさんは資金が底を突き退場!

3回目 売り × (Aさんは1万)(Bさんは20万)(Cさんは退場)
     買い ○

4回目 売り × (Aさんは1万)(Bさんは10万)
     買い ○

5回目 売り × (Aさんは1万)(Bさんは10万)
     買い ○

6回目 売り ○ (Aさんは1万)(Bさんは退場)
     買い ×
Bさんは資金が無くなり退場、Aさんの資金は5回目迄で
100万が95万に減っていましたが今回、1万が10倍になり総資金は
115万になりました。

7回目 売り ○ (Aさんは1万)資金は10万増え125万
     買い ×

8回目 売り ○ (Aさんは1万)資金は10万増え135万
     買い ×

9回目 売り ○ (Aさんは1万)資金は10万増え145万
     買い ×

10回目 売り ○ (Aさんは1万)資金は10万増え155万
     買い ×

特に日経225先物やFXのようにレバレッジが大きいものは
如何に資金配分するかが最も重要といます。

しかし実際に、95%近い人が負けているとしたら
少なからず、CさんやBさんのような無謀な投資をしているのでは
ないでしょうか?


80万が10倍になれば800万ですからね~
確かに魅力はありますが・・・

でも、資金があればこそ殖やす事が出来る訳ですから
いかなる場合もリスクは付き物で、例以上に負けが続く事も
想定しないと本当の投資とは言えません。

仮に資金の10%を使って月に5%増えて行ったとします。
福利で運用すると驚く程に殖える事になります。

ご自身で電卓を叩いてみてください。

総資産100万円に対して10%を運用資金として10万で
行うことにします。
月の利回りを5%とします。

1.まず電卓に金利(5%)を入力します。
『0.05』と電卓に入力

2.元本(100%=1)を足します。
『+』キーを押し
『1』を入力(これで1.05になりました)

3.たいていの電卓は下記の操作で乗数設定が出来ます。
『×』キーを2回押す

4.運用する元本10万円を入力します。


5.後は『=』キーを1回押す毎に1ヶ月毎の福利計算が
されて行きます。


0.05×1××100,000=105,000

後は=押して行きます。

最初に= 105,000円は1ヶ月目
2回目= 110,250円は2ヶ月目
3回目= 115,762円は3ヶ月目

     ↓↓↓

12回目= 179,581円は1年間
24回目= 322,497円は2年間

     ↓↓↓


60回目= 1,867,796円は5年間

10年すると10万は36,633,191円になります。

少ない資金からでもルールを決めて
資金管理をしっかりして福利運用行っていけば
退場する事無く資産を殖やす事が出来るのです。

まぁ、実際にはこの計算通りには
運用できませんのでこのようにはなりませんが・・・


とにかく連続的にドローダウンした場合でも
絶えれる資金が必要と言えるでしょう。

VIX の活用法 

最近、株価指数 S&P500 に連動する「ボラティリティインデックス」(VIX)
も低下し、市場には安心感が戻ってきているようです。

VIXが低い状況が続くと、S&P500 が近く急騰する確率が高まり、
VIXが極めて高い状況が続くと、S&P500 が近く急落する確率が高まる。

FXをするにあたり必要な投資知識のレポートが無料! 

資金の少ない投資家がいかにして資金を増大させるのか?

本当に稼いでいる投資家が利用しているFX会社はどこか?

資産保全がしっかりしているFX会社はどこか?

FXをするにあたり必要な投資知識

まずは無料で手に入れる!

FXで年収1000万円を手に入れる究極の解答

この情報は残念ながら1日で10%とか、1週間で資産が2倍とか、
そのような情報ではありません。
しかし、意外と今注目の情報です。

日単位や週単位、月単位で大きく勝っても1年間のトータルで
損をしていては勝ち組投資家とは言えません。

投資家の目的は利益を上げる事です。
1年間の所得として考えると毎年12月末で締め切り、3月に
確定申告をして納税するほど儲けているかと言うことではないでしょうか。

最近ようやく解ってきた事は相場に一喜一憂しているようでは
真の投資家とは言えないと・・・

FXで年収1000万円を手に入れる究極の解答


そろそろ今年の締めなので税金について・・・

FX(くりっく365)で損がでた場合は最大3年間繰り越す事が可能です。
例えば翌年利益が出た場合は相殺することが出来ます。
但し、毎年確定申告をしないと繰り越することは出来ません。
また、くりっく365取引でない取引の場合は同じ総合課税の雑所得として相殺されません。
損の繰越も出来ないようです。


FXの税金は累進課税

課税所得金額
195万円 未満       15%
195万円 ~  330万円 20%
330万円 ~  695万円 30%
695万円 ~  900万円 33%
900万円 ~1,800万円 43%
1,800万円以上      50%

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ  
福助 いつもご協力ありがとうございます。励みにしてます。福助

Ferretアクセス解析
fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。