スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経225先物 寄り引けシステムトレード8月度の成績 

日経225先物 寄り引けシステムトレード

8月度の成績

トレード日数:21日
+385

手数料合計:4,410円
8月度損益:34,090円

ひまわり証券寄り引け口座


この寄り引けシグナル配信情報はひまわり証券の口座を
開設した特典として無料で提供していただいている情報を
もとに行っております。




30万でミニ1枚からスタートしていますが、
20万増える毎にトレード数量を1枚増やして行きます。

40万以上になった時点で2枚で行います。

200,000円~399,990円=1枚
400,000円~599,990円=2枚
600,000円~799,990円=3枚
20万増える毎に1枚加算

資金が20万以下になった時点で
この寄り引けシステムは終了します。

スポンサーサイト

日経225先物 寄り引け結果 8/31 

日経225先物 8/31の寄り引けサインは売りでした。

取引数 ミニ1枚
売新規 8,995
買返済 8,805
-----------------
-190

手数料:-210
損益:+18,790


日経225先物 寄り引け結果 8/30 

日経225先物 8/30の寄り引けサインは買いでした。

取引数 ミニ1枚
買新規 9,175
売返済 9,130
-----------------
-45

手数料:-210
損益:-4,710

日経225先物 寄り引け結果 8/27 

日経225先物 8/27の寄り引けサインは売りでした。

取引数 ミニ1枚
売新規 8,805
買返済 8,980
-----------------
-175

手数料:-210
損益:-17,710




日経225先物 寄り引け結果 8/26 

日経225先物 8/26の寄り引けサインは買いでした。

取引数 ミニ1枚
買新規 8,890
売返済 8,895
-----------------
+5

手数料:-210
損益:+290

日経225先物 寄り引け結果 8/25 

日経225先物 8/25の寄り引けサインは売りでした。

取引数 ミニ1枚
売新規 8,895
買返済 8,815
-----------------
+80

手数料:-210
損益:+7,790

日経225先物 寄り引け結果 8/24 

日経225先物 08/24の寄り引けサインは買いでした。

取引数 ミニ1枚
買新規 9,015
売返済 8,975
-----------------
-40

手数料:-210
損益:-4,210


日経225先物 寄り引け結果 8/23 

8/23の寄り引けサインは買いでした。

取引数 ミニ1枚
買新規 9,130
売返済 9,100
-----------------
-30

手数料:-210
損益:-3,210

なぜ、投資で負ける人が多いのか? 

最近、一般投資家の参加者が激減しているようですが
いったい何が原因か?

証券会社の入れ替わりも激しいと聞きます。
やはり一般投資家がこの世界で勝っている率は
5%程度なのでしょうか?

だとするとなぜ95%の人が負けるのか?

負ける確率、勝つ確率は半々!50%です。
負ける原因は意外と簡単なところに原因があると思います。

例えば単純な寄り引けシステムですが
ダウ逆張り法があります。

ダウが上げれば次の日の日経225は売り
逆にダウが下げれば買い。

この手法は今も良く使われているもので
統計上、トータル的には勝てる手法です。



負ける確率、勝つ確率が2分の1で
しかも長期的に勝てる手法が在るにもかかわらず
95%の人が負けて退場しているのは不思議です。


これは心理的な要素が大きく関係していると思います。
特に日本人はゲームや博打好きな人が多いと聞きます。



この世界で勝つ方法として

資金管理能力がこの世界で一番重要と考えます。



例えば勝率50%のダウ逆張り寄り引けシステムに
Aさん、Bさん、Cさん、それぞれ100万の資金で
1回毎に売りか買いかどちらかに1万以上賭けたとします。
当たれば賭けた金額に対して10倍に増えるとします。



1回目 売り × (Aさんは1万)(Bさんは30万)(Cさんは80万)
     買い ○

2回目 売り × (Aさんは1万)(Bさんは30万)(Cさんは20万)
     買い ○
早くもCさんは資金が底を突き退場!

3回目 売り × (Aさんは1万)(Bさんは20万)(Cさんは退場)
     買い ○

4回目 売り × (Aさんは1万)(Bさんは10万)
     買い ○

5回目 売り × (Aさんは1万)(Bさんは10万)
     買い ○

6回目 売り ○ (Aさんは1万)(Bさんは退場)
     買い ×
Bさんは資金が無くなり退場、Aさんの資金は5回目迄で
100万が95万に減っていましたが今回、1万が10倍になり総資金は
115万になりました。

7回目 売り ○ (Aさんは1万)資金は10万増え125万
     買い ×

8回目 売り ○ (Aさんは1万)資金は10万増え135万
     買い ×

9回目 売り ○ (Aさんは1万)資金は10万増え145万
     買い ×

10回目 売り ○ (Aさんは1万)資金は10万増え155万
     買い ×

特に日経225先物やFXのようにレバレッジが大きいものは
如何に資金配分するかが最も重要といます。

しかし実際に、95%近い人が負けているとしたら
少なからず、CさんやBさんのような無謀な投資をしているのでは
ないでしょうか?


80万が10倍になれば800万ですからね~
確かに魅力はありますが・・・

でも、資金があればこそ殖やす事が出来る訳ですから
いかなる場合もリスクは付き物で、例以上に負けが続く事も
想定しないと本当の投資とは言えません。

仮に資金の10%を使って月に5%増えて行ったとします。
福利で運用すると驚く程に殖える事になります。

ご自身で電卓を叩いてみてください。

総資産100万円に対して10%を運用資金として10万で
行うことにします。
月の利回りを5%とします。

1.まず電卓に金利(5%)を入力します。
『0.05』と電卓に入力

2.元本(100%=1)を足します。
『+』キーを押し
『1』を入力(これで1.05になりました)

3.たいていの電卓は下記の操作で乗数設定が出来ます。
『×』キーを2回押す

4.運用する元本10万円を入力します。


5.後は『=』キーを1回押す毎に1ヶ月毎の福利計算が
されて行きます。


0.05×1××100,000=105,000

後は=押して行きます。

最初に= 105,000円は1ヶ月目
2回目= 110,250円は2ヶ月目
3回目= 115,762円は3ヶ月目

     ↓↓↓

12回目= 179,581円は1年間
24回目= 322,497円は2年間

     ↓↓↓


60回目= 1,867,796円は5年間

10年すると10万は36,633,191円になります。

少ない資金からでもルールを決めて
資金管理をしっかりして福利運用行っていけば
退場する事無く資産を殖やす事が出来るのです。

まぁ、実際にはこの計算通りには
運用できませんのでこのようにはなりませんが・・・


とにかく連続的にドローダウンした場合でも
絶えれる資金が必要と言えるでしょう。

日経225先物 寄り引け結果 8/20 


8/20の寄り引けサインは買いでした。


取引数 ミニ1枚
買新規 9,210
売返済 9,160
-----------------
-50


手数料:-210
損益:-5,210

日経225先物 寄り引け結果 8/17.18.19 

日経225 寄り引けトレードをスタートして
約1ヶ月が経過します。
1ヶ月間の利回りは約20%

30万の資金でどこまで続ける事が出来るか
私の口座を公開して日々の結果を更新していきます。

書けない日もありますが
今日のようにまとめて書いていきます。



8/19
寄り引けサインは買いでした。
買新規 ミニ1枚 9,230
売返済 ミニ1枚 9,365
-----------------
+135

手数料:-210
損益:+13,290




8/18
寄り引けサインは買いでした。
買新規 ミニ1枚 9,250
売返済 ミニ1枚 9,235
-----------------
-15

手数料:-210
損益: -1,710




8/17
寄り引けサインは売りでした。
売新規 ミニ1枚 9,110
買返済 ミニ1枚 9,165
-----------------
-55

手数料:-210
損益: -5,710

日経225先物 寄り引け結果 8/16 

本日の寄り引けサインは買いでした。

買新規 1 9,205
売返済 1 9,265
-----------------
+60

手数料:-210
損益:+5,790

日経225先物寄り引けシステムトレード 

7月20日から始めた日経225先物寄り引きシステムが
なかなか調子よいスタートだ!
しかも無料の情報・・・

ただ、ひまわり証券の口座を開設が条件だ。

しかしこれは有り難い

7月12日に30万入金
7月20日から日経225ミニ1枚でスタート
8月13日大引け時点で352,200円

約1ヶ月経つが17%の利回りである。

ひまわり証券寄り引け口座1


ひまわり証券寄り引け口座2





Ferretアクセス解析
fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。