スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁定取引(さいていとりひき) 

価格変動において、同一の性格を持つ2つの商品の間で、割安な方を買い、割高な方を売ることにより、理論上リスクなしに収益を確定させる取引のことをいう。

マーケットの価格が理論価格に近づいて、乖離(かいり)がなくなることにより、割高・割安な状態が解消された場合に、反対売買を行なうことによって収益化する。


現在、裁定取引が活発に行われているのは、

・証券の現物市場と先物などの派生証券との間

・同一の先物で異なる限月の間での裁定取引である「限月間スプレッド」

・異なる先物市場間(例えば、大証とSIMEX)での裁定取引である「市場間スプレッド」

などがある。

[裁定買いと裁定売り]

・裁定買い
先物を売却し、現物を購入すること

・裁定売り
先物を購入し、現物を売却すること

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nikkei225robot.blog76.fc2.com/tb.php/15-d811d35a

Ferretアクセス解析
fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。