スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経225先物のメリット・デメリット 

日経225先物のメリット
日経225先物のメリットは、いくつかあります。
まず、株式の銘柄を選ぶ必要がないということです。
日経225先物は、日本経済を動かしている225銘柄の平均株価をひとくくりとして売買します。
そのため、インサイダー取引や経営指針の大幅な修正に伴う株価の不安定さがありません。
日経225という大きな銘柄を売買するわけですから、どこか一社に大幅な値下がりがあっても、平均すればそれほどの金額にはならないわけです。
また、企業の業績や株価の安定を調べる必要もありません。
日経225のチャートだけに注目し、取引を行えばいいわけです。
第二に、日経225先物には倒産や上場廃止などのリスクがありません。
日経225は、平均株価指数です。
どこかに倒産や上場廃止があっても、225銘柄の平均となればほんの少しの値下がりですむわけです。
それ以前に、日経225は日本経済を動かしている企業ばかりです。
どの企業をみても、よほどのことがないかぎり倒産や上場廃止などにはならないと思われます。
第三は、少ない資金で大きな投資ができる点です。
日経225先物では、証拠金の1000倍の取引が可能です。
うまく運用すれば、少ない資金で大きな利益を上げることができます。


日経225先物のデメリット

日経225先物にはメリットも多いのですが、デメリットもあります。
少ない資金で大きな取引ができるという点は、メリットでもありデメリットでもあるのです。
日経225先物は、預けた証拠金以上の取引をします。
株式市場は生き物と同じで毎日、株価の変動があります。
とくに社会情勢の影響を受けやすく、それに伴って株価が下がるのが一般的です。
日経225先物は、期限がくれば自動的に売買が行われます。
通常の株取引のように、株価が上がるまで持っておくということができないのです。
これが日経225先物のデメリットで、期限がくれば決済を行わなければなりません。
この決済時に、日経225先物での利益がでていればいいのですが、損失がでた場合は決済時にそれだけの金額を用意しなければならないのです。
日経225先物は、上手に運用すれば少ない金額で大きな利益をあげることができます。
しかし逆をいえば、手持ちの金額以上の取引をするため、株価が下がったときには、損失も大きいのです。
メリットの多さに目がいきがちになりますが、デメリットがまったくないわけではないのです。
将来のことは、だれも確定がもてません。
日経225先物で、確実に利益がでる保証はないのです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nikkei225robot.blog76.fc2.com/tb.php/214-7143b0f1

Ferretアクセス解析
fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。