スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィボナッチ 

Fibonacci(フィボナッチ)
※フィボナッチとは?
13世紀のイタリアの数学者レオナルド・フィボナッチが発見( 正確には再発見) した数列が、1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89、144、233・・・と無限に続く数列であり、フィボナッチ数列と呼ばれます。


13世紀ころのイタリアの数学者フィボナッチは、木の枝に葉が生えていく過程や、カタツムリの殻の渦の広がり方など、多くの生物の生長パターンが1.618の比率で成長することを発見しました。

それだけ聞くと、感のいい方はもうお気付きかと思いますが、相場は多くの人間によって行われた行動の結果であり、そこから生ずる変動も、自然現象の現れであるとすると、この1.618という比率は何らかの作用があることも否定できません。

現に1950年頃、ロンドンの投資グループによって紹介された「1.618テクニック」は長年にわたって使われてきました。

また、ラリーウイリアムズも1.618の平方根である、1.28をサイクルに関連したテクニックとして紹介しています。

これを少し紹介すると、2つの山の間の日数を数え、その2つの山の間の谷から日数を1.28倍したところが次の谷がくるポイントと予測するものです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nikkei225robot.blog76.fc2.com/tb.php/52-781d68f6

Ferretアクセス解析
fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。